矯正歯科医院を選ぶポイントは

矯正治療をする際に大切なポイントは歯科医院の選び方です。料金はもちろんポイントになりますが、技術や医師との相性も見逃せないポイントです。できることならかかりつけの歯科医院で矯正治療を受けるのがベストです。かかりつけの医院なら患者さんのことをよく理解していますし、コミュニケーションの点でも不安がないからです。もしかかりつけの歯科医院がないのであれば、一般的な歯科治療と矯正治療の両方を行っている医院を選びます。矯正治療中は抜歯や矯正中の虫歯の治療など、一般治療を行うことも多いからです。ととはいえ、矯正治療だけを行っている矯正歯科医院もチェックポイントに入れます。専門医であれば高い技術が望めますし、診察の待ち時間も少なくて済むからです。他には自宅から近いか勤務地から近いなど、利便性の面と分割払いができるかといった支払方法の面も考えて矯正歯科医院を選びたいものです。

矯正歯科医院に通ったその10年後

矯正歯科医院に通ったA子28歳。検査代5万円。前半の矯正30万円。奥歯をさらに奥にずらすために、奥歯に器具をはめ、ヘッドキャップをかぶって、器具を取り付けます。家にいる間、寝るときもずっと付けています。2年後、奥歯がずれて、すきまがあいたら、後半30万円。上下すべての歯に金具を取り付け、歯を少しずつ動かしていきます。きれいに並ぶまで、3年かかりました。その間、月々5千円。同じく矯正したB子25歳。前半奥歯がうまく動かず、上下左右歯を計4本抜きました。後半金具をはめて、きれいな歯並びにしました。矯正を終えて10年以上たった今、上は、B子の方は本数が少ないので、きれいにおさまっていますが、A子は少し前に出てきて少々目立ちます。下の歯はふたりとも、まだあごの方が小さかったのか、少し重なってしまいました。

矯正歯科医院で歯の悩みを解決

歯の悩みといえば虫歯であったり、歯周病であったりとさまざまです。しかしこれらは自分が一生懸命歯磨きをすればなることはありません。つまり歯磨きが解決策と言えます。しかし歯並びについてはそうもいきません。歯並びは生まれ持った歯の大きさと顎の大きさのバランスがよくなかったことにより起こるものです。そのため自分で変えようとしても無理です。こういう時の解決策は歯医者さんの中でも矯正歯科医院をやっているところを選び治してもらうことが一番良いです。特に女の子の場合は歯並びが悪いだけで外見にも影響するため、永久歯が生え揃った頃から矯正をすると大人になるまでにはきれいな歯並びを完成できます。ちなみに矯正治療は保険ではなく、自費になることも覚えておくべきです。また歯を動かすのには時間もかかり、また人それぞれ治療期間が違うことも覚えておくようにすべきです。